いちとにこのブログ

【体験談】フレンチブルドックにとって去勢はどういうものなのか?

ふれぶるとの生活

ど〜もこんにちは、2匹のふれぶると仲良く生活しているマルです。

この記事を書いている私は、2匹のフレンチブルドックと2人の子供と一緒に生活しています。フレンチブルドックと仲良く暮らしていくには、いろんな問題があります。病気の問題やお金の問題。子供との生活の問題などなど…

この記事では、みなさんが抱えるフレンチブルドックとの生活における疑問や悩みを解決できる様にしていきますね。

では、本日の内容ですが…

フレンチブルドック 去勢

避妊手術、去勢を検討中「フレンチブルドックの去勢を検討しています。去勢をする事で長生きする事ができると聞くのですが本当でしょうか?また、フレンチブルドックにとって去勢はいいものなのでしょうか?」この様な疑問が出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するためのお手伝いをします。

フレンチブルドックの去勢は正解です。

【体験談】フレンチブルドックにとって去勢はどういうものなのか?
こちらのテーマでは、ふれぶるちゃんの去勢について、メリット、デメリットそして、去勢をする際に必要となる費用について解説します。ふれぶるの去勢はふれぶるちゃんの体にとってはいいものです。しかし、逆の立場で考えると難しいこともあるのが事実です。

フレンチブルドックの去勢をすることのメリット

こちらのパートでは、ふれぶるちゃんの去勢をすることのメリットについて解説します。デメリットよりもメリットの方が多くあるので、ふれぶるちゃんにとってはいいものだと言えます。

オスのふれぶるちゃんのメリット

  • 精巣の腫瘍を予防
  • 前立腺肥大を予防
  • 会陰ヘルニアを予防

メスのふれぶるちゃんのメリット

  • 子宮蓄膿症を予防
  • 癌や卵巣腫瘍を予防
  • 発情期がなくなる

この様なメリットがあります。基本的にはふれぶるちゃんと長く一緒に居たい。そして、病気のリスクを少なくしてあげたい。と思うなら去勢はひとつの手段になります。

フレンチブルドックの去勢をすることのデメリット

こちらのパートでは、ふれぶるちゃんの去勢をすることのデメリットについて解説します。デメリットはそこまで多くありません。しかし、ご紹介するデメリットを人間だと受け入れる事ができない人が多いのが事実だと思います。

  • 肥満になる
  • 麻酔・手術のリスク
  • リラックス中に失禁する恐れあり
  • ドッグショーへの出場資格が無くなる
  • 私たちが逆の立場なら望むことは少ない

オス・メスともにデメリットは共通です。たまに聞くのが「去勢は人間のエゴであり、動物虐待につながる」との声もあります。確かに逆の立場なら喜んで去勢をする人は少ないと思います。

これは飼い主の価値観の問題です。

私は、最初去勢は反対でした。しかし、去勢をしない状態で、発情をしているフレブルちゃんを見るのも結構辛かったです。。。特にオスの場合は震えながら我慢しているのですが、我慢しきれず私たちにまで凶暴になる事がありました。

その状態で子どもと一緒に暮らしていると考えた時に、何かあってからでは遅いし、親、子ども、ふれぶるちゃん誰にとってもメリットがないと感じたので、私は去勢をおこないました。

去勢にかかる費用について

こちらのパートでは、ふれぶるちゃんを去勢させるためにかかる費用について解説します。だいたい平均してかかる費用としては6万円前後だと思ってください。6万円が安い金額とは言いませんが、6万円で病気のリスク軽減を購入するという事です。

オスのふれぶるちゃんの去勢費用

  • 15,000円〜20,000円
  • その日に退院が可能

メスのふれぶるちゃんの去勢費用

  • 45,000円〜50,000円
  • 2〜3日の入院が必要

お住まいの市町村によっては、去勢を行う際に活用できる助成金制度を設けている場合があります。また、受けられる補助金の金額は、去勢・避妊手術で2,000円~8,000円になります。ただ、地域によって金額はまちまちになりますため、住まいの市町村に問い合わせてみて下さい。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!